ノーヴァ

「ノーヴァだ。仕事・・・はそうだね、星売りたちの管理かな」

「彼女と出会えたこと、これは運命だよ」

「彼女が望むから、君を生かしておいているだけだよ、プラネ」

 

種族 ジト
物語 極彩色のこの街で
部屋 豪奢なベッドと、誰かを繋ぐ鎖が取り付けられている。
目標 伝承の再現。

星売り達を束ねる組織と研究所に付随する組織のトップを兼任している。

勇者像の元となった星売りに似た顔を持つ少女を見つけ、生まれ変わりだと信じ、出会えたことを運命だと豪語している。

自室に軟禁している。が、本人の望みを1番に考えているため、彼女が望めば、外出も幼馴染との会話も許可している。