レイジ

「遠征・討伐班のレイジだ」

「ぶっ飛ばされてぇのか!
ちゃんとしろ!」

「あの日の責任は俺がとる。
たとえ差し違えてでも、俺が殺す」

種族 ジト
物語 月波ノ彩
部屋 至る所に魔術が仕掛けられている
目標 仇を取る

遠征・討伐班の班長。現在も前線に出る。

部下思いで、面倒見が良い。また、人を引っ張るカリスマ性がある。

腹の探り合いが苦手で、調査班の班長であるヨナガとよく衝突している。

身体能力が高く、魔力の瞬間的な操作に置いて精密さが誰よりも抜きん出ている。

塔と敵対する組織のボスと何の準備もなく偶発的にエンカウントし、敗北。その際、師匠でもあった前班長ツキハナがレイジを庇い、死亡する。同時に敵の呪いにより両足が動かなくなる。

レイジ一人を残し、敵が去ったあとカゲが現れ契約に至る。

カゲのことはムカツクが利害の一致した良いパートナーだと思っている。

自身のせいで塔に入ることになったヒガサに負い目を感じている。自分から会いに行ってはヒガサの迷惑になるだろうから、と会いに行くのを避けている。すれ違い兄妹である。

メイシンのことも弟だと思っていて、アジミに振り回されて大変だな・・・と思っている。本当はメイシンが開発班で何してるのかを聞きたい。