創作メモ

ルゼニア

トマスルゼニアエイナル
ルゼニア「まぁ、文句言いますけど、あんたのやることで間違ってたことないっスからね。できる範囲で手伝うっスよ」
エイナル「今度は何やんだ?お前に着いてったらおもしれーこといっぱい起こるから楽しみなんだよ。期待してるぜ」

トマス「…………これって僕がおかしいんじゃないよね!?そんなストレートに期待を表明する君たちがおかしいんだよね!?こわい。わかった、何かしてほしいでしょ、見返り…そう見返りを……」
トマスルゼニアエイナル
路地裏3人組。幼馴染。路地裏って名前のついたスラム育ち。
エイナルはトマスと知り合って、トマスが成り上がっていく気満々だったので「面白そうだしついていくか〜!」と積極的に関わるようにして、手伝っていた。ルゼニアは隅の方で廃棄物を色々集めて引きこもってゲームとかネットとかしてたんだけど、トマスが噂を聞きつけて勧誘、もとい強引に外に連れ出した。
そっから3人が中心になって路地裏をなんやかんやして、仲介屋"路地裏"として組織化する。
路地裏の運営をエイナルに丸投げして「次はホルムグレンだ」つって、研究所傘下の警備会社乗っ取るぞ〜と思っていたがアバソロと色々あって、なんやかんや落ち着いた。
トマスのやりたいことに面白そうだからついていっていたし、路地裏立ち上げで割と満足感があったので
トマスから上昇志向がなくなっても二人とも「別にいいんじゃない(スか)?」と言ってくれる。
路地裏立ち上げまでが忙しかったから休むか〜ぐらいの感じだし、将来や長く生きることに関しての欲がないので、休むなら休もう楽しいし、くらいの感じ。
ルゼニア
路地裏がゴタゴタしてて、一時的に身を隠してもらうため+デバイスに何かしらの経歴を作るためにコンビニバイトの職を与えられたルゼニア 業務中にAGOのレベリングをしている もう一人のバイト君に仕事を任せダラダラしていたが、コンビニに問題が発生し…的な話
トマスルゼニア
いまだに魔導モニターを信用していないので実機の端末を使っている。そのことをルゼニアにバカにされたのでキレた。

▼説明

創作メモなど。
投稿の顔をクリックもしくは、カテゴリ一覧からキャラ別で抽出できます。
カテゴリ一覧、きゃらまとめへのリンクはクリックすると折り畳みが解除されます
きゃらまとめ